警備現場のリアル

Real security scene警備現場のリアル

機械警備
機械警備
入社3年目

入社当初、24時間シフトに驚きつつ「慣れるかな~」という不安がありました。
でも、実際働いてみると組まれたシフトの中には仮眠する時間もあるし、待機中は身体を休めながら万一の出動に備えている為、体力的にキツくて無理︕という事はなく思ったより早く慣れる事ができました。
日中はATM故障の復旧作業、夜間は企業の警報や交通事故現場かけつけサービスの対応等、色々な現場に迅速且つ、安全を確保しながら遂行する業務の為、自身で待機中や休憩の時間に意識してオンとオフをしっかり切り分ける事が大事な業務だと思っています。今ではシフトを組まれた次の日は休日になるこのシフト体制が、プライベートも充実できて気に入っています。

常駐警備
常駐警備
入社8年目

前職、某県内企業で長年お仕事をしていましたが、定年後の事を考えた時に、60歳を超えて未経験で新しい仕事をスタートする事にに不安を覚え、50代のうちに転職を決めました。
実際働いてみると、勤務中の休憩時間は基本的に立ち姿勢でいるという仕事は初めてだった為はじめは「足腰が辛いな…」と思う事もありましたが今では問題ありません。日々多くの利用者がいる空港という現場で、チームで連携を取りながら利用者の安全、施設の安全を守る事ができる仕事に転職できた事を誇りに思います。

警備輸送
警備輸送
入社6年目

正直に言ってしまうと、知り合いから防弾・防刃服を着用してするお仕事だとういう事を聞いていたため入社の動機は“かっこいい制服”への憧れでした(笑)
でも、着用した防護服は思った以上に重みがあり「これは万一の時に自分を守ってくれる大切な制服だ」と思うようになりました。
普段自分が何気なく使っていたATMなども、裏ではこんな仕事をしている人がいたのかと入社して始めて実感しました。ときには重い貴重品を運ぶこともあるため、体力が必要になる場面もありますがそこは「筋トレだ︕」と思いながら日々、お仕事をしています。

技術部
技術部
入社2年目

学生時代から機械に触れる仕事に就きたいと思っていたので、資格も取得できる専門学校を選びました。その学校で先生に紹介されたのが沖縄綜合警備保障でした。
「アルソック」は知っていたし、警備をする会社なんだろうなという認識でしたがそこでセキュリティシステムの修理メンテナンスのお仕事がある事を初めて知りました。入社してからは学校では学ばなかった何百種類ある機械を覚えるのは簡単ではなく先輩に日々教えてもらいながら勉強しています。個人的には電気機器の修理も好きですが、ネットシステムは複雑でより面白さを感じます。難しい問題をクリアしていく作業はもともとゲーム好きだった自分には合っているなと感じています。

See by numbers数字で見る現場リアル

男女の人数
年代別人数

Contactお問い合わせ

沖縄の今を、未来を守る ALSOK社員募集中

新たな力をALSOKに!
安全・安心の未来をあなたと共に創りたい。

098-870-2500

オンライン会社説明会始めました!エントリーはこちら!

エントリーフォームはこちら